重曹,働き,特長,臭い,原因,消臭

丹羽久(niwaQ) オフィシャルウェブサイト
~大自然の恵みを暮らしのなかに~ 製品のことならどんなことでもお気軽にお電話ください! 0573-25-5201

  • 消臭剤(ケスコ)
  • 重曹
  • クエン酸
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム
  • ハミガキ
  • 麦飯石
  • 塩
  • かんすい
  • 肉・魚介類品質改良剤

重曹の特長

重曹は弱アルカリ性の物質で、自然界に広く存在し人にやさしく、自然にやさしい天然素材です。お湯や石鹸と併用するとより効果的です。
下の5つの作用があり、家の中のさまざまな場所で使えるナチュラルクリーニングの代表的なアイテムです。

重曹の5つの働き

1.中和作用

重曹は酸性の物質を中和して弱アルカリに保ちます。
家の中の多くの汚れは酸性なので、重曹により
中和され水に溶けやすくなり、頑固な汚れも
落ちやすくなります。
石鹸と併用することで効果が高まります。

2.研磨作用

重曹はやわらかい分子結晶なので、
物を傷めず穏やかに磨くことができる
ソフトなクレンザーとして、
汚れを分解しながら磨き落とします。


3.軟水作用

重曹は水の中の金属イオンを封じて水を軟水化します。そのため洗浄力もアップします。また日本各地にある天然温泉の湯質に近ずく。

4.消臭・吸湿作用

酸性の悪臭・腐敗臭や体臭を中和して消臭する。また湿気を吸い込み固まる性質があるため湿気取りに適してます。

5.発泡・膨張作用

重曹にクエン酸や酢などを合わせると、中和して炭酸ガスを発生します。入浴剤やパンのふくらし粉などの他、泡を利用した掃除に使えます。


※常温で長期保存しても変質ませんが、湿気を吸うと固まることがあります。


重曹の使い方と注意事項

1.粉のまま使う。

ふたに穴のあいた容器に入れ、汚れに直接振り掛けたり、湿ったスポンジ等に振って使います。


2.水に溶かして使う。

水500mlに大さじ1程度の重曹を入れよくかき混ぜます。

重曹イメージ3

3.ペーストにして使う。

重曹に適量の水を加え耳たぶのかたさになるまで練ります。
※水の代わり液体石けんで作ると強力洗剤が作れます。

重曹イメージ4

注:重曹2と液体石けん1の割合が目安です。また、液体石けんは、脂肪酸カリウムと水だけ

の純粋な液体石けんを用いる。液体石けんがないときは、脂肪酸ナトリウム100%の

固形石けんを水に溶かしてもよい(水7:石けん3)。


※お掃除で素材によっては使えないものがあります。

白木、ニス塗面、漆器、皮革、宝飾品、液晶画面、アルミ、銅、真ちゅう等アルカリで腐食する金属、水がしみ込みやすいもの、水洗いができないものには使用できません。

※手荒れのしやすい人はゴム手袋をして作業すると安心です。

手荒れのしやすい人や連続して長時間使用する場合はゴム手袋をして作業すると安心です。



製品情報(画像をクリックすると製品ページへ移動します)