臭い,消臭剤,種類,介護,ペット,トイレ,靴,タバコ

丹羽久(niwaQ) オフィシャルウェブサイト
~大自然の恵みを暮らしのなかに~ 製品のことならどんなことでもお気軽にお電話ください! 0573-25-5201

  • 消臭剤(ケスコ)
  • 重曹
  • クエン酸
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム
  • ハミガキ
  • 麦飯石
  • 塩
  • かんすい
  • 肉・魚介類品質改良剤

一般的な消臭剤の種類

一般的に「消臭」を目的とするカテゴリーには、芳香剤(空気中に香りを放出する製品)、消臭剤(臭い成分を無臭化する成分を持つ製品)、脱臭剤(臭い成分を物理的に活性炭等に吸着させて除去する商品)、防臭剤(臭い成分の発生や拡散を防止する製品)の4種類があり、芳香消臭剤や消臭防臭剤のような複数の効果を兼ね備えた商品もあります。

これらの4種類の消臭方法には、使用用途や目的に合わせて、以下のような消臭剤のタイプがあります。

臭いの発生原因 イメージ図1

1、据え置きタイプ

ゼリーやビーズ、活性炭等に代表される吸着剤タイプの消臭剤です。この置き型タイプは数種類の消臭成分を混入しゼリーなどの固形物にしたものが多いです。ゼリーやビーズなどの固形物にするためにゲランガムやウェランガムといった添加物や吸収ポリマー等が使用され、ほとんどの一般的な芳香消臭剤には合成界面活性や合成除菌剤等の消臭成分や合成香料が添加されています。また、植物由来の消臭成分を使用した消臭剤にも実は合成界面活性や合成除菌剤等が使用されています。

(注)ケスコ据え置きタイプには合成界面活性剤・合成除菌剤は一切使用しておりません。

ゼリータイプの商品は、空気に接触した部分のゼリーから水分が蒸発する際に、ゼリーの表面に浮き出た消臭成分が臭い物質を吸着するメカニズムが主な臭いを除去する仕組みです。ゼリータイプで合成界面活性剤などの化学物質不使用で無香のものであれば、化学物質や香料等の成分を空気中に発散させないので、人やペットなどにも無害なので、最近話題になっている「化学物質過敏症」や「香害」の心配がなく安心して使用できます。


2、スプレータイプ

スプレータイプは、文字通りスプレーで消臭成分を臭いの発生源や、臭いが気になる空間に直接噴霧して消臭します。主に、霧吹きスプレータイプとガス圧スプレータイプがあります。消臭成分には、コカミドDEA(ジエタノールアミド)といった合成界面活性剤や、デキストリン(メチル化βシクロデキストリン)等の吸着剤、パラベン等の防腐剤が添加されていることが多いです。

(注)ケスコスプレータイプには合成界面活性剤・合成除菌剤・吸着剤・防腐剤・香料は

一切使用しておりません。

スプレータイプは、臭いニオイの成分を消臭成分の分子の中に抱え込んで閉じ込めます。その後は無臭の物体に変化しますが、そのまま乾燥して床やソファー、ベッドの上等に滞留してしまいます。つまり、臭いの物質が完全に消えたわけではないので、ソファーカバーやベッドカバー等の洗濯ができるものは、定期的に洗濯をすることをおすすめします。


3、電動タイプ

電動タイプには、スプレー缶がセンサーで動作して自動で消臭成分を噴霧するものと電気の熱で少しずつ消臭成分が空気中に発散されるものがあります。特に電気の熱を使うタイプは、熱を加えて消臭効果を持つ成分は限定されるので、据え置きタイプやスプレータイプに比べて消臭力が一般的に弱いとされています。しかし、蒸発しにくい芳香成分を強制的に熱で蒸発させることで、良い香りを継続的に持続させることができるという利点があり、リラックスしたい場所での使用に適しています。


製品情報(画像をクリックすると製品ページへ移動します)