臭い,ペット,対処法,悪臭,犬,猫,消臭

丹羽久(niwaQ) オフィシャルウェブサイト
~大自然の恵みを暮らしのなかに~ 製品のことならどんなことでもお気軽にお電話ください! 0573-25-5201

  • 消臭剤(ケスコ)
  • 重曹
  • クエン酸
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム
  • ハミガキ
  • 麦飯石
  • 塩
  • かんすい
  • 肉・魚介類品質改良剤

ペットの臭いと対処法について

ペットのニオイには大きく分けて、動物の体から出る「体臭」と排泄物が原因となるいわゆる「トイレのニオイ」があります。
犬や猫を室内で飼う場合、部屋のニオイはとても気になるものです。特に気温や湿度の高い梅雨時などは、ニオイが強くなります。これは、この時期にニオイを発生させる微生物の活動が活発になるためです。この類の微生物は気温が20℃ 以上になると働きが活発になります。25~35℃ 、湿度70%以上になると活動がより活発になり、急激に増殖します。そのため夏や梅雨時は他の季節よりもニオイが強くなるのです。雨の日など湿度の高い時は、窓を閉め換気が悪いと空気が淀み、嫌なニオイがより強く感じられます。


ペットの臭いの発生源の説明と対処のポイント

ペットの匂いの発生源を番号順に表しております。以下にケスコを使ったお掃除方法の注意点・ワンポイントが有ります。

1. トイレ

ペットのトイレのニオイは、多くの飼い主の悩みのタネです。微生物が尿や便を分解し、アンモニアなどの嫌なニオイを発生させることが原因です。排泄をした後のトイレシーツは後で相当臭くなります。何度もトイレシーツを使わずに、使用済みのトイレシーツは素早く交換しましょう。ニオイを軽減させるためには、排泄物をこまめに捨てることも大切です。使ったトイレシーツは、密閉できるゴミ箱へ入れておきましょう。密閉できないと臭いがそこから漏れてしまいます。また、外に置いておくと悪臭が出て、ご近所トラブルの原因となることもあります。密閉できるゴミ箱に入れておけば臭いが出ません。

2. ハウス

ペットの体から出る体臭や、おしっこやウンチをした後、体に付着した排泄物やペットの抜け毛などが原因でハウス内が汚れ、臭いの発生源となります。ハウス内の抜け毛などを取り除いた後、重曹を溶かした水で絞ったタオルでハウス全体を拭きましょう。

3. カーペット・ソファー

ペットの体から出る体臭や、おしっこやウンチをした後、体に付着した排泄物やペットの抜け毛などが原因でカーペットやソファーが汚れ、臭いの発生源となります。
カーペットや布製のソファーなどに付いた臭いは、重曹を溶かした水で絞ったタオルで拭き取りましょう。また、おしっこで汚した場合はタオルなどで出来るだけおしっこを吸い取りクエン酸水をスプレー・吸い取りを数回繰り返し行いましょう。

4. カーテン・壁

ペットの体から出る体臭や、おしっこやウンチをした後、体に付着した排泄物などが原因で、臭いが発生し、その臭いが知らず識らずのうちにカーテンが壁についてしまいます。

5. 換気

窓を閉め切っていると空気が淀み、嫌なニオイがより強く感じられます。換気を心掛け窓を開けるなどし、ニオイがこもらないように注意しましょう。換気扇や空気清浄機を使うのもいいでしょう。

犬や猫の臭い対策!

1. 定期的にシャンプーを行う

ワンちゃんの臭い対策と言えば定期的なシャンプーです。通常は、1ヶ月に1回シャンプーでOKですが、愛犬の皮膚と被毛の様子でサイクルを決めてください。また、夏場は少し洗うペースを上げてOKです。洗いすぎ、洗わなすぎはよくないです。また、肌の状態によってどの程度洗えばいいかは違うので、一度動物病院の先生に愛犬を見てもらいながら、アドバイスをしてもらうといいですよ。

2.シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

シャンプーの後はしっかりドライヤーで乾かします。生乾きや自然乾燥は、細菌が発生してしまうのでかえって臭いの元になってしまいます。シャンプーの後は、しっかりタオルで水分を拭き取って、ドライヤーで毛の根元や足先まで乾かしましょう。

ドライヤーで乾かすときのポイントは、

  • 毛のながれと逆向きに風邪を当て、ブラシを素早く動かす
    (毛が乾いたら、毛の向きにブラシを入れます)
  • ドライヤーを一か所に当てすぎない(やけどします)
  • 最後に冷風を毛の根元に当て、乾いていないところがないか見る

3.体全体が臭うようなら動物病院へ行く

体全体が臭うようでしたら、皮膚炎の可能性があるので動物病院で見てもらいましょう。

4.フードやおやつを変える

脂分の多いフードやおやつは体臭の原因となります。フードやおやつを見直すのも良いですよ。ちなみに、私は愛犬にジャーキーや牛皮のガムを、絶対に与えません。ジャーキーも牛皮も、ものすごく脂(酸化した脂)が含まれているので、においの原因になるだけでなく、愛犬の健康に害を与えます。

5.目ヤニ取りや耳掃除を定期的に行う

目ヤニ取りや耳掃除は定期的に行ってください。目ヤニが固まって取れない場合は、一度水でふやかすととりやすくなりますよ。
耳掃除も大切です。特に、ダックスなどの垂れ耳の犬種は、耳の中が蒸れやすく細菌が発生しやすいので、こまめな耳掃除が必要です。トイプードルのような、顔の毛が伸びる犬種は耳の中も毛が伸びるので、耳の中が蒸れやすくなります。定期的な耳掃除と耳毛抜きを行いましょう。

6.肛門腺も定期的に絞りだす

肛門腺はかなり臭いです。肛門にある肛門腺に分泌液が溜まると、嫌な臭いが発生します。肛門腺を絞り、液を排出します。これも定期的(月1回くらい)に絞り出しましょう。

7.排泄後はしっかり陰部や肛門を拭く

陰部や肛門におしっこやうんちがついていると後から臭くなります。
とくに、おしっこはかなりくさくなるので、排泄後は、陰部、 肛門を綺麗に拭き、
うんちやおしっこがついていないようにしましょう。

8.パグなど顔にしわができる犬種は顔を綺麗に拭く

パグなど顔にしわの出来る犬種は、しわの中が相当蒸れるため、雑菌が繁殖して臭いにおいを発生します。硬く絞った濡れタオルでこまめに優しく拭いてあげましょう。

9.顔の周りの食べカスは綺麗に取る

口の周りの食べカスも綺麗にとりましょう。特に、顔の毛が伸びる犬種は、食べカスが着きやすいので、食後は綺麗に拭いてあげましょう。

10.歯磨きを定期的にする

犬の口の中は相当臭くなります。こまめな歯磨きと、定期的な歯石取りを行いましょう。
動物病院でこまめに見てもらうといいですよ。

11.おしっこやウンチをしたトイレシーツはすぐに片づける

何度もトイレシーツを使わずに、使用済みのトイレシーツは素早く交換しましょう。
こまめなトイレシーツの交換は、犬のトイレの失敗を防ぐ効果もありますよ。

12.使ったトイレシーツは密閉できるゴミ箱へ

使ったトイレシーツはできるだけすぐに密閉できるゴミ箱に入れるようにしましょう。

犬や猫などの、ペットの臭いを消臭するならぜひケスコを!

実は、犬の体臭の原因いわゆる"犬クサイ"ニオイの元は「イソ吉草酸」といわれ人間の蒸れた靴下の臭いと同じものです。皮脂腺から分泌される皮脂は、酸素に触れることによって時間の経過と共に酸化し、「脂肪酸」というネバネバとした成分に変化して、毛穴を詰まらせて、そこに脂肪を好物とする細菌がこの脂肪酸に集まり、細菌による脂質の分解作用によって、体臭が発生するというメカニズムです。
ケスコは、乳酸菌・光合成細菌・酵母菌などの有用微生物を特殊な方法で培養したケスコ善玉菌群が、ペットの悪臭の元になる脂肪酸やイソ吉草酸に直接強力に働きかけて抑制し、悪臭を元から断ち切ります。
ペットに直接吹きかけるもよし、カーペットやクッション・ソファー・カーテンに吹きかけるもよし、ペットの飲み水にケスコを希釈して飲ませるもよし!、ぜひ一家に一個お使いくださいませ!!


ケスコ スプレータイプ 300ml

従来の消臭剤で効果の薄かった腐敗・アンモニア系の臭いをバイオの力で分解・消臭。いい香りはそのままでアンモニアや腐敗臭等の嫌な臭いだけを消臭します。継続使用することで効果が高まります。

ケスコ スプレータイプ 100ml

ケスコの 100mlスプレータイプ。
従来の消臭剤で効果の薄かった腐敗・アンモニア系の臭いをバイオの力で分解・消臭。いい香りはそのままでアンモニアや腐敗臭等の嫌な臭いだけを消臭します。継続使用することで効果が高まります。

ケスコ つめかえ用 500ml

ケスコスプレータイプのつめかえ用。

ケスコ つめかえ用 500ml

ケスコスプレータイプの大容量のつめかえ用。

ケスコ ゼリータイプ 無香

ケスコの 200ml ゼリータイプ。
従来の消臭剤で効果の薄かった腐敗・アンモニア系の臭いをバイオの力で分解・消臭。いい香りはそのままでアンモニアや腐敗臭等の嫌な臭いだけを消臭します。無香。

ケスコ ゼリータイプ シトラスミント

ケスコの 200ml ゼリータイプ。
従来の消臭剤で効果の薄かった腐敗・アンモニア系の臭いをバイオの力で分解・消臭。いい香りはそのままでアンモニアや腐敗臭等の嫌な臭いだけを消臭します。シトラスミントの香り。