社長挨拶

社長挨拶

地球環境と身体にやさしい
製品づくりと
企業活動を通じて社会に
貢献します。

「丹羽久」という会社は、当時は卸売業を営んでいたこともあり、外資トイレタリーメーカーに勤務していた頃から認識していましたが、その後にまさかのご縁で、重曹のパイオニアとしてナチュラルクリーナ市場に確固たる地位を確立した「丹羽久」を経営することになるとは思いもしませんでした。名刺交換をさせていただくほとんどの方が、私の名字を見て血縁かと思うようですが、実はそうではなく全くの偶然ですが、強くご縁を感じたのは事実です。先代の「体と地球に優しい商品を作る」という思いを引き継ぎ、安心で安全な商品をさらに多く開発して、使い方を啓蒙するという使命を持って、この会社をさらに次のステップに飛躍させていきたいと強く思う次第です。

ここ100年来の私たちの暮らしの中には、以前には存在しなかった物質で溢れかえっています。化学肥料、殺虫剤、食品添加物・化学溶剤、合成界面活性剤・・。これらの物質は世の中の生産性を劇的に向上させ、暮らしを便利にしたことは疑いの余地もありませんが、一方で化学物質過敏症、アレルギーなどで苦しむ人々を生み出したことも間違いありません。私たちは効率と便利さを口実に「必要悪」を持ち込まない製品づくりを目指します。

株式会社 丹羽久 取締役社長 丹羽 誠

プロフィール

1983年獨協大学卒業。同年大手アパレルメーカー入社。1989年日本リーバ株式会社(現ユニリーバ・ジャパン)入社、日本国内のセールスの実績を積んだ後、英国留学・ユニリーバ・オーストラリア勤務を経て、トレードマーケティングダイレクターやセールスダイレクターなどを歴任し、トイレタリー業界におけるグローバル水準での営業及びマーケティングを経験。2010年住友スリーエム株式会社(現:スリーエム・ジャパン)キーアカウント統轄部長、2014年日本フェレロ株式会社代表取締役カントリーマネージャーなど数社の外資系企業を歴任。2018年より消費財ビジネスのコンサルタントとして、(株)丹羽久を始めとした数社のメーカにおいて戦略立案・実行に貢献後、2019年10月(株)丹羽久取締役社長に就任。